ダイエットは楽しんだもん勝ち

この記事は2分で読めます

ダイエットは「苦しい」「ツラい」なんてイメージを持たれがちですが、
僕はダイエットをしていてそういう風に感じたことは一度もありません。

ダイエットがツラいと感じる人って、結果(というか数字)しか見てないんですよね。
「昨日あれだけ運動したのに体重全然減ってない!」
「昨日全然食べてないのに、なんで逆に体重増えてんの!?」
って。

僕は、体脂肪率を一桁まで減らすという目標はありましたが、執着は全くしてませんでした。
(「いつかなれたらいいな~」程度にしか思ってませんでした)

じゃあなんでダイエットを続けられたかと言うと、
単純にダイエット自体が楽しかったからです。

ダイエットをする前は毎日食べていたお菓子やカップ麺を禁止するのは
”自分の欲望と戦うゲーム”みたいで楽しかったし、

筋トレ自体は別に好きじゃないけど、
達成感が得られたり日に日に変わっていくカラダを見るのが楽しかったりで
割とすんなり続けられました。

僕がダイエットを楽しめたのは、
結果(というか目標)に執着しなかったからです。

僕がいつも見ていたのは、

  • 何を食べたらカラダにどんなことが起こるか?
  • どんな運動をすればカラダはどう変わるか?

という”自分のカラダの変化“です。

だから、体重が減ればもちろん嬉しかったけど、体重が増えても楽しかったんです。
なぜなら、「ああ、アレを食べるとこれだけ体重が増えるんだな」
ということがわかるのが楽しかったから。

「○キロ痩せたい!」みたいな目標に執着すると、
ダイエットは途端にツラく苦しいものになります。

だって、運動して体重が減らなければその運動は無意味に思えるし、
食事制限したのに逆に体重が増えたりなんかしたら
何もかも投げ出したくなるから(笑)

だけど、”変化“に目を向ければ、全ての行動に意味を見出だせます。

運動して体重が減ってなくても、よく見たらお腹が少しくびれてるかもしれない。
顔を洗ってる時に、昨日より小顔になっていることに気付くかもしれない。

そういう一つ一つの小さな変化を楽しんだことが、
僕がダイエットを続けられた大きな理由の一つです。

目標を持つこと自体は大切かもしれませんが、
そのせいでダイエットがツラくなったら本末転倒ですよね。

人間、ツラいこと、苦しいことは続けられません。
だけど、楽しいことであれば、人からやめろって言われてもやっちゃいますよね?
親から「ゲームやめなさい!」って言われても、子どもは隠れてやりますよね。
(僕はやってました笑)

ダイエットは楽しんだもん勝ちです。
ツラい、苦しいと思いながらダイエットを続けても、絶対途中で諦めます。
逆に、楽しめさえすれば、ダイエットはまず間違いなく成功します。

ダイエットを楽しめる人っていうのは、
他の人がヒーコラ言いながら体重の増減に一喜一憂してるのを横目に、
楽しみながらあっという間に痩せてしまいます。
(実際にそういう人を何人も見てきました)

バイトや仕事なんかと一緒です。
「この作業を1時間やれば800円貰える」って考えながら嫌々1時間過ごすのと、
楽しみながら作業して1時間を過ごすのとでは、
時間の質も感じ方も全然違いますよね?

ダイエットを楽しむコツは、数字を追いかけないことです。
ていうか、ぶっちゃけ体重なんてどーでもいいんですよ。
他にもっと見るべきものがあります(詳しくは別の機会に話します)。

ダイエットを楽しめれば結果が出るのはあっという間です。
自分なりの「ダイエットを楽しむ方法」を見つけ出せれば、
モチベーションに関しては大体解決します。

これからもちょくちょくダイエットを楽しむ方法に関して発信していきますが、
ぜひ自分でも探してみてくださいね。

それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


山口 瑛太(Yamaguchi Eida)

ダイエットに全く興味がなく、むしろ自分は痩せてると思ってた(というか思い上がってた)ときに、無慈悲にも体組成計から「体脂肪率21%」という数字と「隠れ肥満判定」を叩きつけられ、あまりのショックに痩せることを決意。

はじめは食事制限と自己流の筋トレ&ランニングで順調に進むも、体脂肪率が15%まで減ったところで何をやっても痩せなくなる。
自己流の限界を悟り、ちゃんとしたプログラムを教わったところ、たった3日で体脂肪率が6%減り、目標だった体脂肪率一桁を達成する。

結果、21%あった体脂肪率は9%まで減り、おなかポニョポニョの「隠れ肥満」から、腹筋が6つに割れた「細マッチョ」に変貌。

いまは、その経験を活かし、自分で自分のカラダをデザインする楽しさを伝えるため、「自力で痩せる力」を身に付ける具体的な方法論を発信しています。

猫が好き。メインクーンのオスとメスがいます。
(画像の猫はうちの猫じゃないです笑)