世の中のほとんどの人がダイエットに失敗する理由

この記事は2分で読めます

今の世の中、ダイエットの情報ってめちゃくちゃたくさんありますよね。
ちょっとGoogleで「ダイエット」って検索すれば、一瞬で2億件以上ヒットします。

これだけダイエットの情報が溢れているのに、なんでほとんどの人は痩せられないのか。
痩せられたとしても、どうしてすぐにリバウンドしてしまうのか。

答えは簡単。
「痩せるメカニズム」を知らないからです。

痩せるメカニズムを知らずに、
「こうすれば痩せるってテレビで言ってたから~」みたいな
感覚でやると、まず間違いなく失敗します。

なぜなら、痩せる仕組みがちゃんとわかってないから。

これって、「自転車はペダルを漕げば進む」っていうのを知らないのと同じレベルです。
そんな人が自転車乗れるようになるわけないですよね?(笑)

ダイエットをしてる人(特に、楽に痩せる方法を追い求めてる人)の
多くが勘違いしてるんですが、ダイエットっていうのは「スキル」です。
英会話や料理、車の運転なんかと同じで、勉強して、実践して、身に付けるものです。

ちゃんと「痩せるメカニズム」を勉強して実践すれば、自力で痩せる力が身に付きます。
これは自転車の乗り方や泳ぎ方みたいなもので、一度身に付ければ一生忘れません。

だから、一度自力で痩せる力が身に付けば、ダイエットで悩むことは”一生”なくなります。
世間のダイエッターたちが恐れる「リバウンド」も、全く怖くなくなります。

これは嘘じゃないし、大げさに言ってるわけでもありません。
僕自身がそうなったし、同じようにそういう人生を手に入れた人を
この目で何人も直接見てきました。

  • 20歳からダイエットを始め、総額1000万円以上を費やしながら30年以上ダイエットとリバウンドを繰り返してきた歯科衛生士の女性が、3ヶ月で10.5キロ、半年で15キロ痩せて、4年以上経った今でも全くリバウンドせずにスタイルを維持している姿

  • 仕事のストレスで太り始め、24才で見事なオバサン体型になった看護師が、「結婚式で素敵なドレスを着たい」という思いからダイエットを始め、2ヶ月ですんなり4キロ痩せて綺麗にウェディングドレスを着こなしている姿

  • 高校生のときは「デブ」といじられ、就職してからも上司から太っていることをバカにされていた刑事が、3ヶ月で8キロ、トータル15キロ痩せて、バキバキに割れた腹筋と逆三角形の体型を手に入れた姿

  • 25年で25キロ増えた体重を、1ヶ月で6キロ、3ヶ月で12キロ、1年半で25.5キロ減らし、娘と歩いてると姉妹に間違われるようになった女性

  • 語学留学で1ヶ月アメリカにいる間に7キロ太った女子大生が、2ヶ月でマイナス7キロ、トータルマイナス12キロのダイエットに成功して、大学の友達から「モデルみたい!」と言われるようなスタイルを手に入れ、しかも某大手航空会社に就職してキャビン・アテンダントになる夢まで叶えた姿

キリがないのでこのへんでやめておきますが、
こういう”自力で痩せる力を身に付けて人生が変わった人”を何人も見てきたから、
僕は、楽に痩せる方法を追い求めるのではなく、自力で痩せる力を身に付けることが、
ダイエットを成功させる一番の方法だと断言できます。

「痩せるメカニズム」を知ることが自力で痩せる力を身に付けるための第一歩です。

楽に痩せる方法を追い求めて時間を無駄にするより
痩せるメカニズムを勉強して自力で痩せる力を身に付けた方が、
圧倒的に早くダイエット成功に近づきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


山口 瑛太(Yamaguchi Eida)

ダイエットに全く興味がなく、むしろ自分は痩せてると思ってた(というか思い上がってた)ときに、無慈悲にも体組成計から「体脂肪率21%」という数字と「隠れ肥満判定」を叩きつけられ、あまりのショックに痩せることを決意。

はじめは食事制限と自己流の筋トレ&ランニングで順調に進むも、体脂肪率が15%まで減ったところで何をやっても痩せなくなる。
自己流の限界を悟り、ちゃんとしたプログラムを教わったところ、たった3日で体脂肪率が6%減り、目標だった体脂肪率一桁を達成する。

結果、21%あった体脂肪率は9%まで減り、おなかポニョポニョの「隠れ肥満」から、腹筋が6つに割れた「細マッチョ」に変貌。

いまは、その経験を活かし、自分で自分のカラダをデザインする楽しさを伝えるため、「自力で痩せる力」を身に付ける具体的な方法論を発信しています。

猫が好き。メインクーンのオスとメスがいます。
(画像の猫はうちの猫じゃないです笑)