小学生でも出来る、「一日にとれるカロリー」を計算する方法。

この記事は2分で読めます

今日は、
目標体重と期限を決めて、そこから一日にとれるカロリーを割り出す方法
をお話しします。

これが出来るようになると、
一日にどれぐらいカロリーをとっていいかがわかるので、
自分の手でダイエットをコントロールできるようになるし、
食事に関するだいたいの不安は消えるはずです。

「このお菓子を食べたら太るかも……」
なんて思い悩む必要がなくなりますからね。

そのお菓子を食べても一日にとれるカロリーを超えないのであれば食べていいし、
超えるのであれば食べなければいい。

そういうことが簡単に判断できるようになるので、ぜひ身に付けることをおすすめします。
お菓子を食べたときに罪悪感を抱くことも無くなるしね(笑)

計算自体は簡単です。
小学校の算数ができれば余裕です。
ただ、紙に書いた方がわかりやすいかなと思います。

 

7200kcal消費すれば、体重が1キロ減る

この 7200kcal = 1キロ っていうのが基本の数字になります。

例えば、3ヶ月後までに5キロ痩せたいとする。
ということは、7200 × 5 = 36000(kcal) なので、
36000kcal消費すれば5キロ痩せられるということになります。

これを3ヶ月で割ると、
36000 ÷ 3 = 12000(kcal)
さらに30日で割ると、
12000 ÷ 30 = 400(kcal)
になります。

つまり、
一日に400kcalずつ消費していけば、3ヶ月後には5キロ減っている
ということです。

で、あなたの一日の消費カロリーが

  • 基礎代謝:1200kcal
  • 生活(運動)代謝:400kcal
  • 食事誘導性熱代謝:200kcal

※食事誘導性熱代謝:食事で消費するカロリーのことです。ごはんを食べるとカラダが熱くなったり汗をかいたりすると思いますが、それはカロリーを消費してる証拠です。

だとしましょうか。
この場合、一日の総消費カロリーは1800kcalですね。

ということは、
1800(kcal)- 400(kcal)= 1200(kcal)
で、一日にとれるカロリーは1200kcalまでということになります。

 

あとは、ライフスタイルに合わせてカスタマイズすればいい

もっと食べたい!カロリーとりたい!って思うなら、
有酸素運動を増やして活動代謝を上げるか、筋トレを増やして基礎代謝を上げればいい。

もっと早く痩せたい!って思うなら、摂取カロリーをさらに減らせばいい。
(その場合は、野菜とたんぱく質中心の食事にすることをおすすめします)

この簡単な計算ができるようになるだけで、
自分のライフスタイルや目標に合わせた”自分だけのダイエット”ができるようになります。

ネットや雑誌に書いてあるダイエット法っていうのは、
結局は”その人が痩せた方法”なんですよ。

食生活も違う。運動習慣も違う。
そもそもライフスタイルが違うんだから、
その人と同じことをしても同じ結果が出るとは限らないんです。

だから、自分に合ったダイエット法を自分で作り出すことが大事なんです。

 

おわりに

本気で痩せたいなら、誰かが言ってたダイエット法をただ愚直に実行するのではなく、
こういう計算をして、ちゃんと自分に合ったダイエット法を作ることをおすすめします。

一日にとれるカロリーを計算して、そこから
運動するかしないか、するならどんな運動をするのか、食事はどうするのか……
そういうことを決めるだけですから。

めんどくさく見えるかもしれませんが、
こういう「自分に合った方法を作ったり模索したりする作業」っていうのは
案外楽しいものですよ。

それが上手く結果に繋がったときの快感というか高揚感みたいなものは、
やった人しか味わえない感覚です。

ぜひやってみてください。
それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


山口 瑛太(Yamaguchi Eida)

ダイエットに全く興味がなく、むしろ自分は痩せてると思ってた(というか思い上がってた)ときに、無慈悲にも体組成計から「体脂肪率21%」という数字と「隠れ肥満判定」を叩きつけられ、あまりのショックに痩せることを決意。

はじめは食事制限と自己流の筋トレ&ランニングで順調に進むも、体脂肪率が15%まで減ったところで何をやっても痩せなくなる。
自己流の限界を悟り、ちゃんとしたプログラムを教わったところ、たった3日で体脂肪率が6%減り、目標だった体脂肪率一桁を達成する。

結果、21%あった体脂肪率は9%まで減り、おなかポニョポニョの「隠れ肥満」から、腹筋が6つに割れた「細マッチョ」に変貌。

いまは、その経験を活かし、自分で自分のカラダをデザインする楽しさを伝えるため、「自力で痩せる力」を身に付ける具体的な方法論を発信しています。

猫が好き。メインクーンのオスとメスがいます。
(画像の猫はうちの猫じゃないです笑)