ダイエットは続ければ必ず結果が出るっていう話

この記事は2分で読めます

ダイエットは、ちゃんと続ければ誰でも必ず結果が出ます。
才能とかセンスとかそーゆーのは関係ないんです。

もちろん「正しい方法で」という条件は付きますけどね。
(効果のない方法をいくら必死にやっても結果は出ませんから……笑)

何でそんなことが言い切れるのかと言うと、
ダイエットっていうのは”肉体の変化”だからです。

心や感情と違って、肉体っていうのは物理法則をモロに受けます。

一日の消費カロリーより摂取カロリーの方が多ければ体重は増えるし、
逆なら体重は減ります。

有酸素運動をすればその分だけカロリーは消費されるし、
筋トレをすれば負荷に応じた分だけ筋肉が増えます。

余談ですが、筋トレっていうのは
努力量が結果を裏切らない珍しい分野なんです。
やったらやっただけ結果が出ます。

勉強なんかと一緒ですね。
勉強も、覚えれば覚えただけ知識が増えていくし、
頭を使えば使うほど鍛えられます。

話を戻しますが、
だからダイエットはやればやっただけ結果が出るんです。

「ちゃんと食事制限もしてるし運動もしてるのに体重全然減らない……」
って人は、どこかが間違ってます。

消費カロリーより摂取カロリーの方が多いのかもしれないし、
運動の負荷が軽すぎるのかもしれない。

もしくは、
体重しか見てなくて、結果が出てることに気付いてない
のかもしれない。

筋肉は重くて、脂肪は軽いんです。
だから、運動して筋肉が増えると、体重は減らないか、もしくは増えます。
だけどそれでいいんです。

だって、体の中の筋肉の割合、
つまり「筋肉率」が上がれば、「体脂肪率」は下がるから。
それは”体が引き締まった”ということです。

体重なんていうのはただの数字です。
大事なのは”体型”で、それに関わるのは体重ではなく
「筋肉率」と「体脂肪率」です。

実際、僕は体脂肪率が12%減って
体型も「隠れ肥満」から「細マッチョ」になりましたが、
体重は2キロぐらいしか変わってないですからね。

体重が減らなくても、筋肉率が上がって体脂肪率が下がってれば、
ダイエットはめちゃくちゃ順調に進んでるってことです。

前回話した
「○ヶ月後までに○キロ痩せたいから、一日の摂取カロリーをこれだけにすればいい」
っていうのが具体的な数字として出せるのも、
カラダが物理法則をモロに受けてるからです。

ダイエットは「科学」です。
科学っていうのは、条件が全く一緒なら全く同じ結果が出ます。
つまり”再現性がある”ということです。

ダイエットも科学なんだから、当然再現性があります。
どんな人でも7200kcal消費すれば1キロ痩せるんです。

ダイエットには「停滞期」なんて存在しません。
停滞期だから減らないって言ってる人は、単に食べ過ぎなだけです。

体重が減らないのには必ず”物理的な原因”があります。
そこを改善してあげれば、体重はちゃんと減ります。

「なんでこんなに頑張ってるのに減らないの~」
って言って、思考停止しないでください。
原因を探る努力をしてください。

もし考えてもわからない、自分には検討もつかないというのであれば、
いつでも僕に相談してください。
一緒に原因を見つけましょう。

というわけで、今日はここまで。
それではー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


山口 瑛太(Yamaguchi Eida)

ダイエットに全く興味がなく、むしろ自分は痩せてると思ってた(というか思い上がってた)ときに、無慈悲にも体組成計から「体脂肪率21%」という数字と「隠れ肥満判定」を叩きつけられ、あまりのショックに痩せることを決意。

はじめは食事制限と自己流の筋トレ&ランニングで順調に進むも、体脂肪率が15%まで減ったところで何をやっても痩せなくなる。
自己流の限界を悟り、ちゃんとしたプログラムを教わったところ、たった3日で体脂肪率が6%減り、目標だった体脂肪率一桁を達成する。

結果、21%あった体脂肪率は9%まで減り、おなかポニョポニョの「隠れ肥満」から、腹筋が6つに割れた「細マッチョ」に変貌。

いまは、その経験を活かし、自分で自分のカラダをデザインする楽しさを伝えるため、「自力で痩せる力」を身に付ける具体的な方法論を発信しています。

猫が好き。メインクーンのオスとメスがいます。
(画像の猫はうちの猫じゃないです笑)